本年度活動目的

  • 2020.02.27
    本年度活動目的

    令和2年度 PTA活動目標

    子どもたちの健やかな成長と幸せを実現しよう
    1.保護者と教師が協力してともに学習しよう
    2.健全な家庭づくりを進めよう
    3.教育環境の改善と地域の発展に取り組もう
    資源や環境を大切にする運動に取り組もう
     

    本年度の重点目標

    見直そう家庭の役割 育もうよりよい生活習慣


    「子どもの健全育成を進める」総会アピール

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、現在、様々な対策が取られています。その中で、学校の休校や各種行事の中止など、子どもたちの生活に大きな影響が出てきています。感染症対策下においても子どもたちの健やかな成長と幸せの実現に向けて、温かい家庭の雰囲気づくりと心の通った地域づくりをめざしていく必要があります。

    昨年度、名古屋市立小中学校PTA協議会は、「見直そう家庭の役割 育もうよりよい生活習慣」のスローガンのもと、基本的な生活習慣を確立したり、家族のコミュニケーションを活発にしたりすることができるよう、「親学アクション」活動の取り組みを推進してきました。

    特に、携帯電話やスマートフォン等の情報機器の使用については、子どもたち自身が危険に対応することができるよう、親として、子どもとともに情報モラルについて学び続ける姿勢をもつことが大切です。

    一方で、子どもを狙った犯罪は後を絶ちません。地域で信頼できる大人と日頃からかかわっていくため、今年度も引き続き、地元のプロスポーツチームとの連携を強化しながら、「あい・あい・あいさつ運動」をはじめとして、地域の方々とともに、子どもたちを見守り育んでいく活動を進めていきましょう。

    子どもの教育の第一義的責任は保護者にあることをふまえ、「教育の原点は家庭にある」との認識のもと、親としての在り方を見つめ直し、めざしたい親の姿に近づくため、具体的な行動を心掛けることが大切です。

    わたくしたちは、保護者と教職員で組織する社会教育関係団体であることを再確認し、保護者と教職員がそれぞれの立場で一層力を発揮して、子どもたちの健全育成を進めることを誓い合い、次のことをアピールします。

    一 すべての会員が尊重され、一人一人の力が発揮できるPTA活動を展開するため、それぞれの単位PTAが行っている活動や運営の工夫を共有する取り組みを進めます。

    一 子どもたちが携帯電話やスマートフォン等を安心・安全に利用できるよう、保護者自身が情報リテラシーについて学び、家族で話し合ってルールづくりを進めます。また、友達を思いやってコミュニケーションを図ることができるよう、情報モラルの育成に努めます。

    一 「見直そう家庭の役割 育もうよりよい生活習慣」のスローガンのもと、親としての在り方や家庭の役割を見直し、子どもたちの生活習慣の向上に向けて、「親学アクション」活動に取り組みます。

    一 「家庭・学校・地域の環」のもと、子どもたちを見守り育む地域づくりを進めるため、あい・あい・あいさつ活動を通して、家庭・学校・地域の架け橋としての活動を一層進めます。

    令和2年6月2日
    名古屋市立小中学校PTA協議会